CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 山に登りたい願望。 | main | 作りかけと委託とツイッター。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | pookmark |
    「たかが」って?
    0
      作品ブログも更新しました♪

      ★てづくりのおしごと★

      春色ネックレスができたよ〜。
      でも写真がうまく撮れなかった(泣)







      今日のブログはちょっとボヤキです。
      ボヤキっていうか文句です。


      昨日、妹に天然石のブレスレットの補修を2つ頼まれました。
      私が作ったものではなかったのですが、一つは妹の義母に妹がプレゼントしたもので、アンタロンゴムという伸びるテグスで結ばれたもの、もう一つはニットの伸び止めで一緒に編みこむストレッチヤーンみたいな細いゴムで編まれたブレスで、どちらもゴムが伸びきってびろんびろんになっていました。

      ゴムなので使っているうちに伸びることがあるというか間違いなく伸びます。
      アンタロンゴムでもオペロンゴムでも劣化するとゆるくなるので、ゴムで作ったブレスのゴム交換は必須だと思います。

      その補修をするのは全然かまわないのですが、妹の義母はお願いするのだからとお金を渡そうとしたところ妹が断ったのだそうです。

      もちろん私もお金をもらうつもりは全くありませんでしたが、そのことを伝えにきた妹が言った言葉。

      「たかがゴム交換くらいでお金なんてもらうわけないよねぇ」


      たかが・・・?
      確かにゴムはそんなに高いものじゃありません。
      ましてやブレス2個分のゴムだし。

      でも「たかが」はないでしょう・・・

      私は自分の作ったものじゃないものの補修を無償でするわけで。
      ゴムはたいした金額じゃないけど石を通してブレスにしなおすわけで。
      もう一つなんか大きめのビーズだから難しくはないけど編みなおすわけで。

      しかも妹の義母が妹に頼んだものを私に持ってきたわけで・・・
      妹自身が補修をするなら「たかが」でいいかもしれないけど、自分でやらないじゃん・・・


      自分の身内の話でお恥ずかしい。


      今回はたまたま妹の話でしたが、手作り物の価値をその原価のみで語るのは作る側としてはつらいなぁと思ったわけです。
      どのような作品でも作るのには材料のほか、デザインを考える時間、材料を選ぶ時間、製作する時間、その技術が必要なわけで。

      私もよく作ったものをポンポン人にプレゼントしてしまうけど、それはその人が好きだから。
      「この人にあげたいな」「もらってほしいな」と思うからプレゼントするのです。
      もらって困る人もいるとは思うんだけど(汗)

      今回はただの補修だからデザインもしないし材料を選ぶ時間もいらないけど・・・
      なんだか疲れました。
      妹に文句を言っても馬耳東風というかその時は反省してもすぐ忘れるんだもんなぁ。


      とりあえずブレスの補修は終わったけど、ため息ばかり出てしまいます(泣)
      | ぼやき。 | 10:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 10:17 | - | - | pookmark |
        コメント
        ローズクォーツネックレス素敵です〜
        トップだけでなく、チェーン部分も華やかで
        アベンチュリンのネックレスの時も思いましたが
        白シャツとかシンプルな服をぐんとオシャレにしてくれそうです。

        ネックレス熱が私に芽生え育ちつつあります・・・(笑)

        そしてsorachi9さん・・・すごくわかりますその気持ち。

        自分が作ったものを喜んでもらえてじゅうぶん嬉しいのですが
        たまにそれが変な方向から来るというか、変な方向へ行ってしまうというか。

        頼まれてアクセサリーを作ったとき
        「原価安いでしょ。材料費払うよ、いくら?」といわれてガーンΣ( ̄Д ̄;)
        となったことがあります。
        頼まれた喜びと出来上がって渡せた喜びが
        一瞬にして全力ダッシュで逃げてしまったあの日・・・(笑)
        私の作ったものが良くなかったのかも、と思ったりもします。

        技術を高めてもっともっといいものを作れるように、
        自分の作品への評価に羽が生えないように、と日々思っていても
        たまにあるそういうことにいちいちショックを受けてしまいます。
        だいぶ・・・慣れましたぐぁ(笑)

        みんながものづくりを好きになるといーのにな〜
        そしたらきっと、わかってくれるだろうおまいさん、と思います。

        すみません長くなってしまいました!
        しかも自分の話ばかりっ。

        ため息は脳をリラックスさせるそうですから
        存分にだしちゃって下さい〜!
        | 21 | 2012/04/04 6:00 PM |
        21さん

        ネックレス熱、うつったね(笑)
        21さんはどこかに委託とかしていないんですか?
        私はイベントに出ることが一番の目標だけど、作ったものを少しでも売りたくて委託先を探しているところですよ。
        なかなか難しいけどね(泣)


        私は妹以外変な方向から言われたことはないんですが、「原価安いでしょ〜」はキツイですね・・・(T_T)
        手作りものって意外と原価高かったりするしね。
        ビーズだってものすごいピンキリだし。
        でも原価高かったりすると手作りなのにそんな原価おかしいんじゃないとか言われちゃう。

        自分が手作りをする側なら、これはだいたい原価がいくらくらいかなって予想もできるけれど、作らないとわからないのは仕方ないとは思うんだけどね。

        っていうか原価これくらいのはずなのになんでこんなに安い値段付けてるの!?っていう作品が多すぎる気がする。
        本当に手作りが好きで、売り上げより自分の作品を手に取ってもらうのがうれしい人がほとんどなんでしょうね。

        そんな気持ちで作っても「原価安いんでしょ〜」って言われちゃったらがっかりしちゃいますよね。

        そうそう、そして「自分の作品が気に入ってもらえなかったからかな」って反省しちゃうんだよね。
        そしてもっといいものをって思うけど、人間だからがっかりする言葉ばかりだと自信なくしちゃうしね。

        それでも手作りが好きだからやめられない。

        で、手芸貧乏ループへ(笑)


        ため息が脳をリラックスさせるって初めて知りました。
        ため息をついた分幸せが逃げていく・・・って思ってた。
        でもネガティブよりポジティブなリラックス効果のほうを信じることにします!!
        ありがとう♪
        | sorachi9 | 2012/04/05 8:56 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://do-syo.jugem.jp/trackback/48
        トラックバック